下津井電鉄株式会社 SHIMOTSUI DENTETSU
会社概要求人案内 |
トップページ高速バスメルヘンドルフ一番舘 サービスエリア
高速バス予約路線バス時刻表住宅歴史資料館 歴史資料館
下津井電鉄の歴史


明治〜大正
明治43年下津井軽便鉄道の発足から、鉄道院より旅客貨物運輸免許を受け、味野町−下津井間の鉄道開通、さらに国鉄との連絡運輸を開始しました。
昭和初期
蒸気列車とガソリン動力による車両の併用運転を開始、鷲羽山駅を増設、駅名改称などを行い、多くの地域住民の交通手段として活躍しました。女子鉄道ガイドもこの時期に登場しました。
昭和中期
戦後間もなく全線電化工事を行い、電気・蒸気の併用運転を開始しました。汽車から電車へと移り変わり、大幅に時間短縮がされ、便利な交通手段になりました。
昭和後期〜平成
時代の流れとともに求められる交通手段も変わり、茶屋町−児島間の営業廃止、さらに児島−下津井間も廃止され、下津井電鉄の鉄道運輸事業は幕を閉じました。
下電バスの歴史


大正〜昭和初期
自動車運輸営業免許を受け、定員5人の米国製バスで下津井−岡山間のバス営業を開始しました。昭和初期には定員10人のフォード車で運行していました。
昭和中期
戦後の混乱の中、バス事業を復活させました。バスは定員60名となり、人々の生活に密着した交通手段となりました。観光バス事業も開始し、北海道ツアーも実現しました。
昭和後期
ワンマンバス、定期観光バス、バス会社共通回数券、テレビガイド付き定期バスが登場し、バス業界の変革期となりました。鷲羽山スカイラインの開通により定期バスが走り、多くの観光客が訪れました。




下津井電鉄株式会社 〒700-0923 岡山市北区大元駅前3番61号
tel.086-233-8811 fax.086-233-0083
e-mail:info@shimoden.co.jp

路線バス・高速バスのお問い合わせは
e-mail:sdbus@shimoden.co.jp